イメージ 1
名古屋市中村区  太閤通稲葉地周辺 西向き

イメージ 2
太閤通 中村公園の東 西向き

イメージ 3
分離帯のあかめがし

イメージ 4
2台とも名古屋市へ

イメージ 5
YEBISU CAFE 大治町
                             愛知県海部郡大治町三本木金久35   
                                     電話番号  052-618-7150        

イメージ 6
元チェッカーズ大土井裕二さんのサインが壁に

イメージ 7
モーニングサービス

 本日は病院に搬送する依頼が多く、津島市内の医療機関はメンバーの協力をもらいましたが、家内は明日が手術予定となっている女性を中村日赤病院まで運び、私は近々手術予定の女性の検査のため名古屋駅に近い名古屋セントラル病院(旧JR東海総合病院)まで走りました。

名古屋セントラル病院 http://nagoya-central-hospital.com/

 私にとっては、平成9年に他界した横井庄一さんの病室を訪れて以来のJR病院でしたが、セントラル病院として新しく新装され、都市開発された名古屋駅の南部地区の玄関口に相応しい建物になっていました。

 横井さんは、平成9年9月にこのJR病院で亡くなりましたが、自宅に帰ってから亡くなったことを朝日新聞社に連絡したところ、朝日新聞だけのスクープ記事となり、他社は後追い記事となりました。こんな身内の情報によって、私は販売部だけでなく編集局からも大きな表彰を受けました。

 さて、名古屋からの帰り道に家内と大治町のスーパーで合流し、小さなカフェに入りましたが、知らない珈琲屋に入るのも久しぶりで、津島市より名古屋市に近いだけあってか新鮮な感じがするモーニングコーヒーになりました。

 さて、さて…

 本日の福祉有償運送のボランティアはこれで終らず、家内は津島市からあま市の医療機関に走り、午後に出迎えるだけとなりましたが、昼食時になって突然の電話で、中村日赤から帰りたいと依頼された津島市民を迎えに走ることになりました。

名古屋第一赤十字病院 http://www.nagoya-1st.jrc.or.jp/

 さらに夜になってから、明日の早朝に中村日赤まで送って欲しいとの依頼があり、明日は津島市内より8人を乗せて上高地の開山式に行く約束がしてあり、私は午前9時から上高地のボランティアに参加するため午前5時の出発となり、家内も同行することになっているため、急遽他のメンバーに走ってもらうように手配することになりました。

 こんな状態で依頼があるのなら、普通のタクシー運転手として走れば本業にでもなりそうですが、ボランティアである福祉有償運送は忙しくなるばかりで、宣伝すれば大変な事態となることを実感させられる一日となりました。

           本日の体重 71、7キロ 徒歩数 2059歩 間食あり
                                     4月26日の一言